働く女性が知っておくべき仕事の取り組み方についてご紹介しています。

著しい女性の社会進出

男性と共に社会で活躍する女性

“男性が外で働き、女性は家を守る”

そんな時代は終わりを告げました。
働く女性は世界的に年々増え続け、日本に於いても労働力人口のうち何と2,937万人が女性(厚生労働省「平成29年版働く女性の実情」より)となっており、今後益々女性の社会進出は顕著になっていくと考えられています。
しかしながら、仕事をするうえでまだまだ女性にとって不利な場面も数多く存在しています。

 

「結婚をしたくない」
「育児をしながら働きたい」
「男性と同じように稼ぎたい」

 

女性一人一人が様々な事情を抱えておりますが、各々がより良い人生を歩むため、知っておいて損は無い“デキるキャリアウーマン”が実践している6つの方法についてご紹介していきたいと思います。

女性が増えている職業について

 

その①~時間を有効的に使う

優先順位を決め時間を有効に使おう

一言で「仕事」と言いましても、世の中には数多くの職種があり、抱えている悩み・ルール・環境は各々で異なります。
これら異なる状況の中でも、デキるキャリアウーマンは「時間の使い方が非常に上手い」という点を共通して言える事が出来ます。
仕事の優先順位をしっかりと決め、どの作業にどのくらいの時間を割くのかを予め決めてしまうのです。
もちろん、臨機応変に対応しなければならない職種(電話対応・接客等)もありますが、瞬間的な判断で時間の割り振りは無意識に行っているはずです。
ただ淡々と仕事をこなすのではなく、その中で何が一番必要度が高いのか、優先性があるのかをまずは考えて行動するようにしましょう。

 

その②~思いやりを持って接する

当たり前の話ではありますが、意外と出来ていない方が多い印象を受けます。
もちろん、その人を好きになれと言っている訳ではありません。

 

「こうした方が相手は助かるだろう」
「この方が見やすい・受け取りやすい」
「この日までに引き渡せれば喜ばれる」

 

といったように、なんでも構いません。
相手にとって“良いであろう事”を積極的に行う事で、クライアント側は貴方を信用し、また仕事を依頼して貰えるようになるのです。

 

その③~ストレスを溜めない

仕事と同じくらい、プライベートも実は大切です。
仕事に呑まれてストレスを溜め込んでしまう事で感情が爆発してしまい、今まで築き上げたものが一瞬で崩壊してしまう可能性もあります。
また、一時的な感情であれば良いですが、病気・犯罪等にまで発展してしまうとその後の人生にも大きな影響を与える恐れもあるのです。
「ちょっと疲れたな…」と感じたら、溜め込まずに近い内に発散するようにして下さい。

 

その④~身だしなみを整える

女性も男性も、ビジネスパーソンに於いて身だしなみは非常に重要です。

 

・爪はしっかりと整える
・服や体の臭いはしっかりとケアする
・髪を束ねる又は整える

 

人前に出る際にはこれらは必ず行うようにしましょう。

 

髪は整えるだけでなく、染めている髪は根本までしっかりと染める(プリン髪にしない)、パサついている髪はトリートメントでケアするという気遣いも大切です。
もちろん、見た目で差別をするわけではありません。
前述した内容と重複してしまいますが、「相手が嫌がるだろう」という点は積極的に改善していくべきであり、その姿勢が大切なのです。
初対面の人には貴方の努力は伝わり辛いかもしれませんが、仕事仲間や長期に亘ってお付き合いのあるクライアントには必ず伝わります。

働く女性にお勧めの髪型はこちら

 

その⑤~仕事を下に任せる

何でも自分でやろうとする方がいますが、女性・男性に関わらず、仕事が出来る人は必ず部下にある程度の仕事を任せます。
もちろん、振り過ぎるとキャパシティーをオーバーしてしまうので、どのくらいの仕事をお願いするのかが重要です。
また、信頼関係が無いと仕事を振っても上手くいきませんので、普段からしっかりとコミュニケーションを取る事も大切です。
コミュニケーションを苦手とする方にとっては一番難しい部分かもしれませんが、相手に自分の気持ちをはっきり伝える、意見することができるかどうか、は共に仕事をする上で絶対に必要になってきます。
何か気になった事がある際には心の中にしまっておくのではなくオープンに話し合うようにしましょう。
まずは挨拶から始めてみるのも良いかもしれません。

 

その⑥~残業は控える

過労死や過度な残業による病気の発症等、古くから日本の企業では“ブラック体質”が蔓延していました。
もちろん、残業をしなければならない場面も多く存在しておりますが、最も問題なのは“意味も無く残業をしてしまう事”です。
最も大きな原因は「上司が残っているので帰り辛い」かと推察されますが、はっきり言ってこれは直ぐにでも考えを改めるべき点であると言わざるを得ません。
女性が社会進出し男尊女卑を是正する動きが強まる中でも、やはり職場の空気や風当たりを気にする方も多いかとは思います。
しかし、その結果自分を苦しめてしまっては働く意味がありません。
時間内に自身の仕事を片付けるのは当然ですが、勇気を出し率先して定時に帰るようにしてみて下さい。
あなたが上の立場であるなら、尚更その姿勢は大切ですし、他の女性にも勇気を与えるでしょう。

 

ポジティブな気持ちが大切です

 

まだまだ女性が不利な構造である日本社会ですが、ネガティブな気持ちを持ってしまってははっきり言って「損」でしかありません。

 

「自分は仕事ができないのは、家庭があるから」
「女性だから仕事が貰えない」
「同僚男性から見下されている気がする」

何事にもポジティブな気持ちで

もちろん、全て本当の事かもしれません。
ですが、自身の環境を呪いネガティブな気持ちのままでいては何も解決しませんし、体調不良や精神的トラウマにも繋がりかねません。
悪い事よりも良い事に目を向け、何事もポジティブに捉えるようにしましょう。
女性に対する差別が酷い・セクハラを受けているといったケースは言語道断です。
そんな職場は直ぐにでも辞め、生活を変えて新たな気持ちでスタートしてみて下さい。
どんどん業務を改善、改革していくチャレンジ精神やポジティブシンキングを育む事で、今後の人生は大きく変わっていくでしょう。

 

女性進出による弊害

 

女性が男性にも負けないほど世間に進出したことで、キャリア女性ならではの問題も浮き彫りとなってきました。

 

それは、

  • 晩婚&高齢出産問題
  • 金銭問題
  • 女性の男性化問題

です。

 

恋愛のこと、お金のこと、女として生きるということ、こういった部分に弊害が生まれてきています。
お金の問題だけで言えば、最悪ローンや現金化などでなんとか繋いでいけますが、一番難しいのは”女らしく生きる”ということではないでしょうか。
男性社会の中で、男性と同じような競争を迫られることで、内面的にも外見的にも男性的になってしまうようです。
たまにはエステサロンに行ってみたり、女子だけで海外旅行に行くなどして、女らしい遊びも楽しみましょう。
手元の現金が足りない場合は現金化を利用することでストレスなく遊びを楽しむことができます。
クレジットカード現金化の優良店まとめはこちらのサイトをご覧下さい。