About

Statement

オープン・スクエア・プロジェクト2014
Alterspace - 変化する、仮設のアートスペース

これまで創ってきた展覧会やリサーチを、さらに拡張させ、継続した思考と実践のできる場として「アートスペース」を立ち上げます。美術館やギャラリーでは無い、またオルタナティプ・スペースという代替の提案でも無い、場所に依拠しない変化し続ける仮設のスペースの創出が目的です。実験的な場、次世代のオルタナティブ・スペースの構想の第一歩でもあり、展覧会という一回限りで終わってしまう場を、継続した場として機能させ、対話や実験的なことができる場を作りたい、また、もっと柔軟に海外の(主にアジアの)アーティストやオルタナティブ・スペースと繋がりたいという、主に二つの動機からAlterspaceの構想は始まりました。そこで今回は、アサヒ・アートスクエアを拠点に実験的な展覧会を行っているグループやアーティストを紹介します。また、中国と韓国のアーティストの作品も紹介し、トークイベントを開催し対話することで、Alterspaceの第一歩とします。この企画は、さまざまな隙間を縫い、場に寄生しながら、場そのものを変化させながら、長く継続しオルタナティブ・スペースやアーティスト・ラン・スペース、のように「オルタースペース」という名称が定着した頃終了したいと思います。(水田紗弥子)

開催概要

会期|2014年1月11日(土)- 2月2日(日)
会場|アサヒ・アートスクエア[東京都墨田区吾妻橋1-23-1スーパードライホール4F]
開館時間|15:00-21:30  休館日|火曜日、1月26日(日)
料金 入場無料(イベント時は有料)
主催|アサヒ・アートスクエア
協賛|アサヒビール株式会社
お問合せ アサヒ・アートスクエア Tel. 090-9118-5171 E-mail aas@arts-npo.org http://asahiartsquare.org/

オープン・スクエア・プロジェクトとは

「全面開放」されたアサヒ・アートスクエアのユニークな空間を創造的に活用し、これまでにない企画や作品の発表を行うことで、アサヒ・アートスクエアの新たな姿を提示するのが本プロジェクトです。2011年のスタートから3回目となる今回は、インディペンデント・キュレーターの水田紗弥子を公募で選出し、展覧会「Alterspace ─ 変化する、仮設のアートスペース」を開催します。

企画者

水田紗弥子[みずた・さやこ]

2006 年武蔵野美術大学大学院芸術文化政策コース修了。若手アーティスト支援の仕事を経て、フリーランスのキュレーターとして活動。主な展覧会企画に「入る旅人 出る旅人 vol.1-4」(2012年)、「皮膚と地図U─ 記憶と時間への近づき方」(2011年)、「皮膚と地図─ 4名のアーティストによる身体と知覚への試み」(あいちトリエンナーレ入選企画、2010年)がある。アート専門インターネット放送局「comos-tv」の企画・運営にも関わる。